ba-yan_papaの食べ歩き日記、時々趣味も

大阪中心の食べ歩きです。ラーメンとカレーが多いです。

【読書記録 2021.1】阪急電鉄のひみつ

年が明けても読書熱は冷めず。 緊急事態に入り、再びステイホーム生活が始まりましたので、本のお世話になることは多くなりそうです。。。 去読んだシリーズの続き。 【読んだ本】 阪急電鉄のひみつ PHP研究所 編

【中古】阪急電鉄のひみつ/PHP研究所

【感想、等】 ・阪急のブランド戦略がいかに優れているか、改めて理解した。阪急=高級、との刷り込みが関西民にはあるが、それはどうやって生まれた?がわかってみる目が変わった。 ・本業(鉄道)以外の頑張りが企業の大きな支えになっていることを理解した。特に百貨店の先駆けとなったあたり、今も続いているのはすごいと思う。 ・車両の色をコロコロ変えない、というこだわりには共感。わかりやすくて非常にいい。 ・自動改札機の導入や新線といった、新たな取り組みが他社と比較し少し下火?に思える。新大阪進出、淡路改良等を成功させ、更に大きく羽ばたいてほしいと思った。 阪急は日常使いしている思い入れの深い会社なので、我が事として読めました。 コロナで定期の売り上げが減ったり、鉄道会社も大変です。。。 企業の総力を挙げて、乗り切ってもらいたいと切に願っております。